So-net無料ブログ作成
検索選択

露出型柱脚 [構造設計]

豊洲問題はやや下火になったが、
問題が解決したわけでは無く、より重大になった。
対策工事を追加するのであれば最短でも2年くらいは開設が遅れるだろう。
他の場所に変わる可能性もある。

築地に建設される予定だった道路はオリンピックに間に合わない。
浜離宮との間の川の上に仮設の道路(杭打ち、鉄骨造)を造るだろうか?

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
5階建ての共同住宅を老人ホームに改造するため、
エレベーターシャフト増築の構造設計を行っている。
極めて異例の内容である。
取り掛かってから1年半
構造設計以外のところで時間が掛かっている。
やっと確認申請の纏めの段階になった。
県の適判センターと遣り取りをしている。
露出型柱脚の問題
今までの常識的なサイズでは間に合わない。
私としては初めてアンカボルトに溶接用座金を付ける設計とした。
アンカーボルトにせん断力を負担させる為である。
nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:住宅

nice! 0

コメント 1

建築専科

お疲れ様です
増築するEVシャフト(S造?)は独立して耐震設計されているのですね?
既存建物は壁式RC造と思いますが、スパン方向は無理としても、桁方向の剛性とEVシャフトの剛性の違いはいかがでしょうか?
各階の接合部の設計が難しそうですね。
by 建築専科 (2017-01-19 11:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。