So-net無料ブログ作成
検索選択

ニシキギの紅葉 [構造設計]

ニシキギ.jpg
2015年10月21日7:21AM ニシキギの紅葉

杭の支持地盤への未到達

新入社員のころ病院の増築でPHC杭(コンクリート既成杭の一種)の杭打ちの立ち会った。
40年以上前は、ディーゼルハンマーによる打撃工法が主流であった。
支持地盤の確認は打ち込みが出来なくなるまでハンマーで打つ事で確認できた。
極めて浅い部分で、杭が斜めになり、ボキッと折れることが多発した。
工場跡地で古い布基礎に当たったためだった。

その後ディーゼルハンマーによる打撃工法は、騒音公害の為、嫌われ廃れてしまった。

「プレボーリング」を行う工法が大半となった。
大きな「キリ」で事前に支持層まで掘る。
確認は抵抗が大きくなり、電流値が測定器で大きくなることを見る。
大きな転石が有ったり、測定器が故障していては、支持層の確認はできない。

***************************************************************

お寺の駐車場増設の為の「宅地造成」の申請は遅々としていて先に進まない。
施工業者は次の正月の混雑時には間に合わないとして、今秋の着工は諦めたようだ。
申請側も不慣れ、審査側も若手では話が纏まらない。

***************************************************************
群馬県のマンションのエレベータ増築工事

日本ERI株式会社から「構造の指摘」が10月15日に来た。
構造設計図書を意匠設計事務所に送って5か月たつ。
計画がボツになって、構造設計料の取りはぐれになるかと思っていた。

この物件も順調には進まない。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。