So-net無料ブログ作成

木造の津波被害 [構造設計]

野蒜画像全景.jpg
宮城県東松島市野蒜

野蒜画像金物有.jpg
建物がある程度残ったもの。金物がしっかりしている。18年前竣工

野蒜画像筋かいたすきがけ.jpg
残ったたすきがけの筋かい。

野蒜画像アンカー有り.jpg
土台が残っている。アンカーボルトが比較的多い。20年前頃の建物と聞く

野蒜画像アンカー少.jpg
土台から無くなった木造民家。アンカーボルトが少ない。30年前頃建築

昨日2011年6月11日(土)新幹線で仙台へ
昼過ぎ仙台駅の東口に降りた。

友人の案内で東松島市野蒜に行く。
震災から3ケ月

現場は海岸から800mぐらいのところだろうか。
残った木造の住宅は非常に少ない。
残って居ても全壊に近く、使用できない。
解体される運命にあり、流れされた住宅と同じだ。

しかし同じ場所に有って、流されたものと残ったものの違いは何かと疑問に思った。

やはり構造の違いと思える。
ある程度残った住宅の柱脚には金物がしっかりと残っていた。
山形プレートと筋かいプレートに類するものが見られる。
S林業の在来軸組工法の住宅と聞いた。
築18年

建設された時期によって土台、アンカー、金物についての認識が違う。
土台とも無くなっている建家はアンカーボルトが明らかに少ない。

**********************************************************************************************

奥方の小学校体育館での生還ストーリーは電話で聞いた以上の壮絶さであった。

仮の住居である仙台市内のマンションを訪問

近所のとんかつ屋でご馳走になり、午後7時42分の新幹線に乗った。
駅までの帰り道、液状化による沈下で建家周囲の破損が目に付いた。

夜11時半頃にはカミサンと自宅に戻った。

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:住宅

nice! 3

コメント 2

mike

残ったとしても、人命が守られるとはいかない状況のようですね。
建築設計に携わる立場として、複雑な心境に陥ります。
やはり異臭はあったのでしょうか?
by mike (2011-06-29 20:25) 

sei-kita

津波にどう対応すれば良いのか、
構造屋としては未だ整理が付いていません。
暫らく時間が必要です。

東松島の海岸に異臭は有りませんでした。


by sei-kita (2011-07-15 05:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。